太陽光発電は太陽電池パネルを太陽の当たるところに設置して発電を行うというものです。仕組みとしては複数の太陽電池パネルを並べることで家庭用に使える電気を得るというものです。

太陽電池パネルの1枚あたりの発電量は低いものであり、また電気も直流で数ボルト程度であるためそのまま家庭用電源として利用することは困難ですが、パワーコンディショナーという機械を通すことで家庭用電源として使えるようになります。この電気はそのまま分電盤を通して家庭内で使うことも出来ますし、電力会社に売ることもできます。

日中のみしか発電できないため、日中に電力使用がいない家庭の場合には基本的には電力会社に売ることで電気料金の削減につなげるというものです。

一方で近年では大型バッテリーと組み合わせることで、家庭で蓄電し夜間に利用できるようにしたものもあります。この場合のメリットは停電時でも電気を利用することができるという点ですが、バッテリーが非常に高額なため電気料金削減のために使うのには、費用対効果の低いものになります。

太陽光発電の費用対効果としては、太陽光発電で発電された電気の固定買取り制度があるため長期間にわたって高い水準での買取りが約束されることになります。また太陽光発電自体も低価格化が進んでおり、条件の良い場所であれば充分に電気料金の削減につなげることができます。

ただしすべての太陽光発電が無条件で電気料金の削減につなげられるわけではありません。ひとつは設置する場所です。日の出から日暮れまで太陽のあたる場所であれば発電量も多くなりますが、そうでない場合には発電量は減ってしまいます。また天候にも左右され曇りの日が多い年は、固定買取り制度があっても得られる利益は少なくなります。

このため積雪する地域では太陽光発電は向いていません。このため太陽光発電での費用対効果を見定める場合には1年間の日照データが必要で、また周囲に影となるものがないことも重要なポイントになります。”