すでに世界レベルで再生可能エネルギーとして注目を浴びており、利用者も増加傾向にある太陽光発電。

しかし設置するにはそれなりに費用も必要となるため、最近では自作で太陽光発電システムを利用するというケースも出てきています。

もちろん本格的に設置するよりは規模も小さめとなるケースが多いですが、それでもちゃんと発電しますし、企業などに依頼するよりはずっと安価での設置が可能です。そのために基本的に必要なものとしては、太陽光パネルとバッテリー、ソーラーチャージコントローラーやDCまたはACインバーター、あとは電工ペンチなどの工具です。

これらはバラバラで購入しても良いですし、すべてセットになって市販されているキットもあります。とくに初心者やあまり予備知識がない人には、最初からすべてそろっているキットは便利です。また最近では太陽光発電装置をリサイクルで扱っているところなどもあるので、そういったところでは購入費用を抑えることが可能です。

あとは購入したこれらを接続させ、太陽光パネルをベランダなどに設置するだけで完成です。自作システムですとやはり規模は小さいですが、慣れてきたらもっと大きなものを設置してみても良さそうですし、小さいものを複数設置したりすれば、エネルギーも得やすくなります。また発電システムも太陽光だけに限らず、風力などと併用するといった方法もあります。

そうすればよりエネルギー効率も高まるので、自給自足な生活も夢ではありません。もっとも天気は自然の状態に左右されますので、天気の悪い日は発電効果が見込めませんし、たとえ天気が良かったとしても、充電池が熱してしまうと充電能率が下がります。

そのためにソーラーパネルは直射日光に当てても良いですが、充電池や蓄電池パックは日陰になるようにしましょう。

もし充電池や蓄電池が熱くなってしまった場合は、一旦別のものと交換することで、充電率が下がることを防ぐことが可能となります。