太陽光発電は家電製品などとは異なりオーダーメイドのシステム機器となっています。

したがって住んでいる住宅によって価格が異なっています。

各住宅の屋根の形や材質、このほかには条件に合わせて設計をするようになっているので費用を判断するのが非常に難しくなっています。

太陽光発電の価格に関しては、機器費と工事費と諸費用の合計で考えるようにします。

太陽光パネルに関しての広告がいくつかありますが、安く見えるような価格でも実際にはパネルだけの料金であることも珍しくありません。正式に見積もりを取ったときには工事費を含めて金額が上がると言うこともあります。

したがって費用を確認するときには、必ず機器費と工事費と諸経費の合計であることを確認するようにします。また費用を見るときに大切なことがあります。

それは価格とプランでどのくらい発電をすることができるかどうかです。

同じ屋根の条件であっても2kW90万円であったり3kW135万円という2種類があったりします。

その場合どちらがお得なのかというと、初期費用に関しては2kWの方がお得ですが、同じ屋根の条件で詳しいシミュレーションを行うと、3kWの方が発電量が多くなって毎月の電気代が安くなると言う結果になります。

また買取制度というものがあるので、売電価格が買う伝記よりも高くなっているので、大きなシステムでたくさんの発電や売電を行うと初期費用の投資回収期間が短くなるケースもあります。

したがって初期費用を確認するときにはどのくらい発電することができるのか、また毎月の電気代と売電収入はどのくらいになるのか、ローンとのバランスも考えて投資回収期間も考えるようにします。

最近では安さをアピールしている業者もたくさんありますが、実際に話を聞いてみないとわからない部分もあります。

大切なことは必ず価格に含まれている内容と、どのくらい発電することができるかの確認は忘れないようにします。