時代に合った太陽光発電で補助金ももらえる可能性がある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電とは太陽の光を太陽電池を用いる事で直接電力に変換する発電方式の事です。

ソーラー発電とも呼びます。近年二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量が一段と増加して地球温暖化が心配されています。

太陽光発電を利用すれば出力のピークが昼間の電力需要のピークと重なり、需要のピークの電力量が削減されます。

この結果、温室効果ガスの排出量を減らす事が出来るのです。

太陽光発電にするための設備には太陽電池、必要な電圧や周波数に変換するインバータ、用途によっては蓄電池が必要となります。

様々な場所に設置可能であり、家の屋根だけでなくパーキングメーターや自動販売機にも設置されています。太陽光を十分に受けられて設置設備の重量に耐えられれば、比較的どこにでも設置出来るのが良い点です。蓄電池があれば非常用電源にもなりますから災害時の対策ともなり得ます。

開発当初は価格も高く一般にはそれほど普及しませんでした。しかし今は低コスト化も進みました。一般家庭での認知度も高くなり、環境問題への関心とも重なって太陽光発電を取り入れる家庭も増えました。

太陽光発電の導入には補助金制度があります。

助成金、交付金、給付金などが受けられる可能性があるのです。住宅用の場合は国による補助金は終了しています。

現在は各地方自治体による補助金のみになっています。交付条件や金額は自治体ごとに異なります。

居住地域の自治体に問い合わせてみるのが確実です。自治体ごとに予算が決まっていますので先着順になります。

天気に大きく左右される発電方式ですが、設備を設置してしまえば燃料費はかかりません。

使い切れなかった電気を電力会社が買ってくれる動きもあります。

環境問題やエネルギー問題が日々議論されている時代です。

地球温暖化や遠くない未来のエネルギーの枯渇も懸念されています。太陽光発電は時代に合っています。

環境に優しく燃料費もかからない太陽光発電を皆が考えてみるのは素晴らしい事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*