太陽光発電の発電量は条件によって大きく異る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電を設置しようと検討している人がいますが、このときに気になるのが設置費用や発電量に関してです。

設置費用に関しては決して安い買い物をするということではないので、しっかりと検討することが大切になります。

太陽の光をソーラーパネルに集めて発電するようになっていますが、どのくらい発電することができるかによって家庭でまかなうことができる電力も異なっています。

どのくらい発電することができるかに関しては、次のような条件によって異なっていきます。それはソーラーパネルの設置枚数や光エネルギーの変換効率になります。

このほかには設置する際の角度や方向も発電を左右する条件となります。

どのような地域に設置するのか、またその地域の天候や季節によっても異なってくるのです。

したがってまずはこれらの条件に当てはめることが大切になります。

そこでまずソーラーパネルの設置枚数に関してですが、単純に考えてたくさんのソーラーパネルを設置することで発電することができる量が増えるというのがわかります。

設置枚数が2倍になれば発電することができる量も2倍になります。

したがってここで大切なことは予算だけではなく、屋根にいかにたくさんのソーラーパネルを設置することができるのかというのが一つのポイントになります。

また最近ではソーラーパネルの性能も向上しています。

ソーラーパネル1枚あたりの省スペース化が行われたり、軽量化が進んでいます。

これによって今までよりもたくさんの枚数を設置することができるようになっています。

また太陽光発電の性能も向上しています。

これはソーラーパネルの性能が向上していると言うことにつながります。そこで一つの目安となるのが変換効率になります。

これは太陽からのエネルギーをどのくらい電気エネルギーに変換することができるのかというのを示す値となっています。

現在発売されているソーラーパネルの変換効率は、約10パーセントから19パーセントとなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*