太陽光発電の減価償却について

太陽光発電は非常に環境に優しいエネルギー産生システムとなっています。

したがって最近では企業だけではなく一般家庭でも導入している人が多くなっていますが、その費用に関しては決して安いものではありません。

企業やビルなどのオーナーが設備をィ設置した場合には、その取得額に関しては減価償却を適用することができるようになっています。

その結果経費として差し引くことができるので非常に得をすることができます。太陽光発電の場合は、減価償却の耐用年数は基本的に17年と考えられるようになっています。

したがって産業用としてシステムを導入する場合には、税金対策をするためにもしっかりと理解をしておく必要があります。太陽光発電は自家発電設備の一つとして考えられています。

また機械や装置として分類されるようになっています。機械や装置の耐用年数に関しては、工業用設備の要諦耐用年数が適用されるようになっています。

しかし太陽光発電に関しては使用期間が長いと言うことで、これらの耐用年数が適用されないようになっています。ここでは別に用意された耐用年数が適用されるようになっています。自家発電設備にはいくつかの種類の設備がありますが、これは例外と言うことで耐用年数は17年と決められています。

この17年というのが基準となっています。また企業だけではなく個人の場合もありますが、この場合減価償却の必要があるのかが気になります。

企業やマンションなど導入すると言うときとは違い、一般家庭で導入するときにはあまり関係ないと考えている人がいますが、サラリーマンの場合給与以外の雑所得が20万円を超えない限り申告の必要がないと判断します。

売電をすることで申告が必要かどうかを判断するときには、売電をすることで得られた年間収入から、減価償却費用を差し引いた金額で20間年を超えるかどうかで確認するようにします。

これらを利用して太陽光発電の導入を検討するようにします。

>>太陽光発電の査定から売却・譲渡までサポート!太陽光発電所 売買デスク